電話占いスピシアの聖叶先生に母親との関係を断ち切りたいことを相談しました

キャナさん(40代前半男性)から頂いた占い体験投稿です。電話占いスピシアの聖叶先生に鑑定して頂いた時のお話です。

キャナさんは母親に嫌悪感を抱いていました。

縁を切ってしまいたいと思っていましたが、流石にそれは大きなことなのでどうすべきか悩んでいました。

そこで電話占いを利用することにしました。


母親に対して嫌悪感

私の実家は茨城県の人口5万人程度の田舎町にあります。

私は、母親に対して長年、強い嫌悪感を抱いてきました。

理由をいくつも挙げることができるのですが、日頃の振る舞いに問題があると感じているのです。

例えば、私の父親はすでに亡くなっているのですが、父親が不治の病にかかってしまい病院に入院し、いよいよ臨終まで数時間と主治医から宣告されたとき、私の母親は何を思ったのか突然病室の荷物を片付け始めたのです。

そして私が「何をやってるんだよ」と小声で注意すると、母親は「亡くなるんだから片付けておかないとダメでしょ」と答えるのです。

その母親の様子を、すでに病室に駆けつけていた親戚たちが白い目で見ていたことを今でも鮮明に覚えています。

テレビのアンテナが傾いた

また、このような出来事もありました。

父親が亡くなったあと、私の自宅のテレビ用アンテナが大きく傾いてしまったことがありました。

アンテナが傾いてしまっていました Photo By ぱくたそ

そこで、私が電気工事業者を呼ぼうとインターネットで近所の業者を探し始めたのですが、母親は「私がタダでやってくれるいい人を知っているから」と言って、母親が自分の知人に電話をするのです。

すると30分後に自宅にやってきたのは、出入りのプロパンガス業者でした。

いつもやってくる業者の担当者と、もうひとり知らない人が2人でやってきたのです。

私はこの2人を見て、本当にテレビアンテナを直せるのだろうかと疑問に思いました。

「大丈夫なんですか?」と2人に尋ねると、2人は「仕方ないから、やってみるしかないなぁ」と答えます。

私は嫌な予感を感じました。

2人ははしごを使って、私の自宅の屋根にのぼり、テレビアンテナの位置を直そうとします。

ところが、なかなか位置を固定させることができません。

しかも、屋根瓦の位置まで動いてしまっています。

私は思わず「もう止めてくれ」と言い、「屋根の瓦だけ元の場所に戻してくれ」と叫んで、2人に作業を止めさせました。

2人は屋根瓦を適当に元の場所に戻して、屋根から降りてきたのです。

大量の雨漏りが

私は、次の週末に電気工事業者を呼ぶことにしようと思い、1週間くらいはテレビを見れなくても仕方ないと思っていたところ、最悪の事態が発生したのです。

数日後、夜になって大雨が振ってきたのです。

屋根の瓦がずれた上に雨が降れば・・・ Photo By ぱくたそ

すると、屋根瓦の隙間から大量の雨漏れが発生してしまい、家の中はずぶぬれになってしまいました。

次の週末になって、近所の大工に自宅に来てもらったのですが、築30年の家ということもあり、建て替えたほうが良いのではないかと言われてしまったのです。

私は、母親に対して「おまえの判断がおかしいから、こんなことになるんだ」と怒鳴り、自分だけ都市部にあるワンルームマンションに引っ越してしまいました。

そして母親は、自分の実家に身を寄せることになったのです。

私は、母親のことが嫌いで嫌いで仕方ありませんでした。

判断能力の低さを嫌悪していました。

そこで、母親と縁を切りたいと考えるようになったのです。

母と縁を切りたい

しかし、実質的に親子の縁を切るようなことをしたら、自分に対して何か天罰のようなものが下るような気持ちもして、不安にもなりました。

そこで、占い師の方に相談したいと考えるようになったのです。

茨城県の田舎に占い師はいませんので、インターネットで調べてみて、電話占いで相談することにしました。

インターネットで「占い 家族関係」と検索すると、電話占いのスピシアというサイトが検索されました。

そしてスピシアの、霊感や霊視で鑑定をされる聖叶先生に電話占いをしてもらうことにしたのです。

聖叶先生には、私の母親の奇行とも呼べる行動や、判断能力の低さの事例を挙げて、もう母親とは縁を切りたいと思うと相談し、実の親と縁を切ることによって、私自身に対して災厄が降りかからないか否か相談したのでした。

聖叶先生は、私の相談を聞かれると「実の親と縁を切るという行為は、天地を逆さまにするかのような大胆な行為です」と言われました。

私は内心やっぱりそうかと思ってしまいました。

しかし聖叶先生は続けて「ただし、あなたの心がこれから真っ直ぐ正面を向いていかれるのでしたら、天はあなたをやさしく見つめてくれるでしょう」と言われたのです。

つまり間違った行為や振る舞いをしてはならないと、釘を刺されたと私は解釈しました。

鑑定のその後

私は聖叶先生のアドバイスを受けて、母親に縁を切るとは言いませんでしたが、自分からは連絡を取ることを止めました。

そして電話番号を変えてしまいまいた。

母親と音信不通になって3年経過しますが、後悔をしていません。

なぜなら、母親と音信不通になって私の心が穏やかになってきたからです。

 


キャナさん。投稿ありがとうございました。

キャナさん、母親との関係が良くなく、縁を切りたいと思っていました。

しかし縁を切るのは大事です、電話占いで相談することにしました。

先生の答えは、実の親と縁を切るのは大胆な行為、だけれどキャナさんが真っ直ぐ正面を向いていくのであれば天は優しく見つめるだろう、とのことでした。

キャナさんは真面目に生きるのであれば縁切りをしても良いととらえ、母親にはっきり縁切りを告げたわけではないですが電話番号を変え3年音信不通となりました。

今ではキャナさんの心は穏やかになってきているそうです。

聖叶(セイカ) 先生
スピリチュアル/タロットカード/ヒーリング/チャネリング/透視/神託/心眼/霊感/霊視などを用いて鑑定する。
鑑定歴20年、恋愛や復縁、縁切りなどの相談を得意としている。
電話占いスピシア
【鑑定日時】
朝8時~深夜2時(待機時間は先生毎に異なる)
【料金】
1分 / 160円 (税別・通話料込)(先生毎に異なる)

縁切りの問題は中々難しいもので、個人で判断するのは危険ですよね。

占い師さんは縁切りをする前に覚悟を持つようにキャナさんに言ったのかもしれませんね。

キャナさんの今後がどうなるかはまだわかりませんが、真っすぐ前をむいていらっしゃるなら大丈夫でしょう。



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ