原宿の母菅野鈴子先生の鑑定で思わず涙が・・・・気持ちが楽になりました

ごろう氏さん(30代後半女性)から頂いた占い体験投稿です。「原宿の母」菅野鈴子さんに占ってもらった時のお話です。

ごろう氏さんは、仕事と結婚や、上司との関係に悩んでいました。そこで原宿の母として有名な菅野鈴子さんに占って頂きました。手相と四柱椎命、タロットカードを使って鑑定してもらって、ごろう氏さんは先生の言葉に涙を流したそうです。


原宿の母の店

原宿の母の店

原宿の母

10年ほど前、【原宿の母】のもとを訪れました。原宿の母も何人かいるようで、どなたが本物かはよくわかりませんが。銀座の母や新宿の母はメジャーになりすぎていてメディアにもよく出ていますし、自分はそこそこ聞いたことがある方に、と思って原宿にしました。

雑居ビルの一室でしたが、入り口をあけると色とりどりのスリッパが何足もおいてあります。好きな色のスリッパを履くわけですが、そこからして今の自分の気持ちが表れるそうです。

当時30代に突入する手前で、仕事と結婚と、今好きでいる上司との関係とのすべてに、あせりと疲れを感じていました。30歳手前の独身女性が訪ねてきたら大体どのような相談かは察知される気もしますが。どのような占い方を、といった話は特になかったですが、手相と四柱椎命、タロットをしてくれました。

結婚と仕事について

原宿の母はおそらく田舎の方の出身の方かな?と思われるのですが、弱冠の訛りがとてもあたたかく感じられました。まず、今の仕事はあっているから結婚をしてもしなくてもずっと続けていきなさいと言われました。そしてむしろ結婚はあなたには向いていないかもしれないと言われました。今までいろいろな占い師さんにみても大体同じようなことを言われてきたので、これはもう確実なのだろうと思いました。

片想い

一番衝撃的だったのはタロットなのですが、まず、大きな愛が見えるね、と言われました。確かに開いたカードにはカップがたくさんありました。当時、彼女持ちの上司と身体の関係を何年も続けており、どうにも打破できない状況に本当に疲れきっていました。私がどんなに上司を好きでも彼女とは別れてくれず、ただただ片想いをしていました。それを母はズバッと言い当てたのです。

先生には大きな愛が見えていた Photo By Pixabay

先生には大きな愛が見えていた Photo By Pixabay

自分にはカードの意味はわかりませんでしたが、今好きな人とは絶対に一緒になれないと言われました。そう言われたことはもちろんショックでしたが、そこまで母に情報を与えたわけではないのに、むしろ初対面なのに、何でこんなに自分のことをわかってくれるのだろうということに自然と涙が出ました。

鑑定で涙が・・

よくテレビ番組で出演者の方が占いをしてもらって泣いているシーンってありますよね。なんで泣くんだ?と今まで思っていたのですが、その時その気持ちが初めてわかりました。自分が一人で抱えてきた悩みをわかってくれる人がいたという安心感、ちょっとホロッと気持ちが緩むんですね。泣き出した自分に母は、今の仕事はあなたの天職で、何があってもあなたを守ってくれるから一生懸命働きなさい、と背中をさすってくれました。

さようならをしてから、外の路地でしばらく泣いていた気がします。母からもらったメッセージカードは今も大事にとってあります。たかが占い。されど占いです。言われたことが全てではないことはわかっているのですが、自分の苦しい気持ちをわかってくれる人がいる、ということがこんなに癒されるものだとは思いませんでした。

母もお仕事ですから、こういう質問がきたらこう切り返す、みたいなテクニックはもちろんあるんでしょうが、それでもしっかり騙されて気持ちが楽になるのであったら占い師さんに見てもらう価値はあります。自分にとっては占いは癒しの場です。

占いのその後

あれから10年がたち、今でも同じ職場で同じ仕事を続けています。上司との関係も続いています。何かが変わったような、何も変わっていないような、ですが、あの時はあの時で気持ちが救われたので良いのです。同じようなアドバイスを友達や親からされても何も響かなかったかもしれません。見ず知らずの占い師さんにここまで影響されるのは自分でも不思議です。

占いに行く方の多くは、悩みに対して大丈夫だよという言葉が欲しくて行くと思っていました。ダメなものはダメ、ムリなものはムリとはっきり言ってもらえたのは良い経験でした。

 


ごろう氏さん。投稿ありがとうございました。

ごろう氏さんは仕事に結婚、特に上司との恋愛関係に悩んでいました。彼女も別にいる上司と体の関係を持ってしまってずるずると片想いの関係が続いていしまっていると。相談した原宿の母、菅野さんはそのことを鑑定で見抜きました。

その上で先生は「その好きな人とは絶対に一緒になれない」と言ったのですがそれがごろう氏さんにとってショックでもありまた納得してしまうことだったようです。おそらく心の底ではこの恋は報われないのでは・・と自分で思っていたのでしょう、自分の悩みをわかってくれる人がいた、ということでごろう氏さんは涙を流されます。

鑑定から10年がたっても仕事も上司との関係も変わってはいませんでした。しかしこの時鑑定を受けて気持ちが救われたことがごろう氏さんの支えになっているのではないでしょうか。

菅野鈴子
占い師歴は30年以上。気学、タロットカード、西洋占星術、手相等で鑑定を行なう。以前、原宿の路上での鑑定を中心に活動していたことから、「原宿の母」と呼ばれ親しまれている。テレビ・ラジオへの出演、書籍・雑誌等への掲載とメディア出演も多い。社員研修、講演、全国各地デパート等でのイベントも展開。著書も多数。
原宿の母
【鑑定日時】
年中無休 12:00~20:00
【料金】
3240円~7560円(占う内容や時間により異なる)
【鑑定場所】
渋谷区神宮前4-31-11 COSMO HARAJUKU 501
   

体験談の中では原宿の母もたくさんいるようで、と書かれていましたが、調べたところ原宿の母といえば菅野さんを指すことがほとんどのようでした。原宿の母のお店ではりゅうか先生(手相・タロット・ホロスコープ)、エルナ先生(タロット・気学)という二人の占い師もいらっしゃり鑑定を受けることができます。



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ