転職について、大阪のマルビル地下一階の「魔女の家」で占ってもらいました

大熊猫さん(20代後半女性)から頂いた占い体験投稿です。大阪のマルビルにある「魔女の家」で占ってもらったときのお話です。

大熊猫さんは派遣でプログラマーをやっていました。勤務地が遠方になりがちで、転職を考えていました。そこで魔女の家で転職について聞いてみることにしました。


大阪・魔女の家

大阪・魔女の家

転職を考えていました

約4年程前の話になります。私は当時、派遣のプログラマをやっておりましたが、勤務地が遠方になりがちで体力的にも持たないと思い、転職を考えていました。また、その当時「他人の配下に就いて言われるがままの仕事を毎日8時間以上する」と言った働き方に疑問を持っていました。特に「1日24時間のうちの3分の1の時間を仕事に費やさなければならないという事」「どんなに理不尽な要求でも上司や客先からの指示は受けなければならない」と言う2点に疑問を感じていました。

この様な事をハローワークや転職コンサルタント等に相談しても日本での一般的な働き方が「1日8時間」「部下は従順であるべき」で常識として定着してしまっているので、自分が納得できる答えが得られず、それどころか国内限定の常識で押さえつけられると思い、もっと別の観点と柔軟な考えを持っている人に相談するべきと考えて、占い師に相談することにしました。

魔女の家

当時、大阪のマルビル地下一階の「魔女の家」と言う場所があり、そこでは占いの他にタロットカードやルーンストーン等の商品の取り扱いもしており、度々占いグッズを購入していたので、占いもそこでしてもらう事にしました。

具体的な相談内容は「転職する場合、どのような職を選べば良いか」ことでした。

占術については最初に行われたのは用紙に生年月日時とフルネームを書いてそこから性格や適正等を割り出していたので恐らく四柱推命と姓名判断を組み合わせたような物だと思います。

余談ですが、占い師に何かを相談する場合、自分が生まれた時間まで覚えておいた方が良いみたいです。私自身、占いを趣味の一つとしているのでその一環で自分が生まれた時間を知っていましたが、殆どの人は知らないことが多いので時間が分かる場合と比べて細かい事が分からなくなるそうです。

タロット占い

この最初の占術で私の基本的な性質をリーディングしてから次にタロットを使った占いをしてもらいました。スプレッドは最初にケルト十字、次にセブンスプレッドで占ってもらい、その時に受けた助言が「今の業界は興味本位で入ったがために、理想と現実のギャップに苦しんでいる」といった内容の物でした。確かに新卒当初、私は当時最先端の業界とされ、森元首相が日本の主力産業にしようとしていたIT系企業に興味本位で就職しました。当時私が希望していたのはネットワーク、Web系の仕事でしたがプログラミング経験者であるという理由で全く別の組込システムと言う分野に配属され、そのまま最初の経験を生かすという理由だけで自分がやりたいと思っていた仕事からかなり離されていました。

次に、占い師から今興味のある事を聞かれ、それに関連する仕事を選んではと言う助言を受けました。その時の私はかなり逃げ腰で「動物と触れ合うのが好きである」と言いながら「生き物の命を預かるような責任が持てない」、「子供と遊ぶことが好きである」と言いながら「親からのクレームが来た場合に対処できない」、「史跡や考古学に興味がある」と言いながら「歴史的価値のあるものに触れて破損するのが怖い」等、逃げの理由をつけて勧められたペットショップや幼児施設の事務、博物館関係の清掃員等を全て断ってしまいました。

最後に、ドリーン。バーチュー氏のユニコーン・オラクルカードを使ったリーディングをしてもらい、最終的には「一度長期休暇や旅行などで自分自身をリセットして、本当にやりたいことの知識を身に着けた方が良い、コンピュータや最新のデジタル機器が好きなら最初にやりたかったネットワーク関連の技術職になったり、思い切って家電量販店の販売員になる等、今の世界から抜け出す方向で考えた方が良い」と言ったものでした。また、8時間固定の就業時間に関しても、その時は一言も時間に関する事は相談しなかったにも関わらず、正社員になるよりはアルバイトとして短時間の労働にするか、フリーランスになって自分で自由に時間管理が出来る様にした方が良いと言う助言を受けました。

助言を無視したら

しかし、当時の私には独立する度胸もなく、また、世間の目を気にしてしまい30代でアルバイトという事にも抵抗があった為、折角受けた助言を無視して別の職場に転職してしまいました。

その結果、新しい職場で酷いパワハラを受け、就労不能になるまで精神的に追い詰められた上に退職を迫られ、約1年間の休養を余儀なくされました。

1年後、精神的に回復の兆しが見られたので労働基準局にパワハラが行われていた事を報告した後に、占い師の助言を神託と受け止めてフリーのWebプログラマとして1から出直す事にしました。

現在は小規模な仕事を請負いながら日々技術を身に着けていると言う生活を送っています。

 


大熊猫さん。投稿ありがとうございました。

大熊猫さんは派遣のプログラマーでしたが転職を考えていました。そこで大阪マルビルにある占いの館「魔女の家」で転職について相談してみることに。「正社員になるよりはアルバイトとして短時間の労働にするか、フリーランスになって自分で自由に時間管理が出来る様にした方が良い」とアドバイスを受けます。

しかし大熊猫さんはアドバイスには従わず別の職場に転職すると、そこでパワハラを受け精神的にダメージを受け、しかもリストラされてしまいました。その後はアドバイスに従ってフリーのプログラマーになったそうです。

アドバイスに従わなかったせいで心の健康を崩してしまった・・アドバイスをちゃんと聞いていればよかったですね。このように占いが運命を分けてしまうこともあります。アドバイスはしっかり参考にしたいですね。

魔女の家・大阪店
25年以上の老舗の占いの館。
ホームページはなく口コミだけで人気。
【鑑定日時】
11:00~20:00
定休日不定休
【料金】
不明
【鑑定場所】
大阪市北区梅田1-9-20大阪マルビル B1F
   

同じく大阪マルビルの魔女の家で占ってもらった方の体験談は以下になります。

大阪マルビルの魔女の家で結婚についてを占ってもらいました



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ